読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIMOZA note

八丈島を拠点に暮らす。手芸と旅行と子育てと。働き方。暮らし方。身体のこと。

スポンサーリンク

私がアトピーを克服するまで⑥

前回の記事の続きです。

www.mimoz-art.com

 

1ヶ月湯治をする

2015年2月に娘と私、2人一気に根本治療に踏み切りました。

ちょうど私も夫も育休を取っていて、時間はあったので和歌山県の共育学舎さんにお世話になって、そこから近い湯の峰温泉という歴史ある温泉に毎日通いました。

 


f:id:colibli:20170127192908j:image

開湯1800年の歴史があり、世界遺産に登録された温泉!

硫黄の匂いがして、リウマチ性疾患、神経痛、皮膚病、糖尿病などに効果があるという温泉でした。色々な病気の方が湯治にくることでも有名。

また、湯治でなくてもオススメしたい温泉です♪

 


f:id:colibli:20170127192958j:image

ステロイドを塗らず(というか化粧水とかも塗らず)、ただ温泉に入りました。娘の症状は、良くなったりまた吹き出したり。私も同様でした。また、症状が出たり引いたりすることで、気分も浮き沈みしていました。

あまりお化粧とかおしゃれもする気分になれず、普段と違う土地で、気分を晴らすのも億劫で、割と塞ぎ込んでいました。

が、その分自分の内面を考えることができました。小さかった時の記憶。親との関係。自分の性格。今の職業(この頃教員だった)。これからどうしたいのか。

 

今まで、自分の内面を考えなくはなかったのですが、物事を無理やりポジティブに考えようとするところがありました。嫌なことや合わないことがあっても「でも、こういう経験も必要だよね」「このおかげで嫌なことも少しは克服できた」みたいに、良い方に捉えようとする。だから、自分が本当は何が好きで何が嫌い(苦手)かよくわからなくなっていました。

 


f:id:colibli:20170127193052j:image

 

鍼治療が劇的に効いた!

そんな中、よく効くという鍼治療の鍼灸太陽堂治療院さんを紹介してもらい、行ってみることになりました。

 

鍼治療は小学生の時数年通ったことがあり、その時効果が見られなかったので、期待はしていませんでした。

鍼灸師の方にお会いすると、「症状がいつ出たか」「どうやって治療してきたか」だけでなく、「今の職業は?」とか「高校はどんなところに行ったのか」とか両親はどんな人物かなどなど聞かれます。今までの人生の流れを簡単に話しながら、鍼を打ってもらいました。

 

鍼灸師さんが、鍼を刺しながら私の性格などを指摘します。その指摘されたこと全部が当たっていたのです!言い忘れましたが、この方は目が見えません。私の肌を触りながらポンポン当てていくんです。目が見えないからこそ、本質的な何か別のものが見えている、そんな感じでした。

 

「勉強頑張ってきたやろ」「勉強できると喜ばれたやろ」とかも言われました。

「周りの人を優先することも多かったみたいやね」「これからはもっと自分のこと優先にするといい」というようなことも。

 

印象に残っているのは「治ったらもっと楽しくなるよ」という言葉です。今までの人生も割と楽しかったな〜と思っていたし、自分ではこれくらいの楽しさで全然いいやって思っていました。自分の人生をアトピーがある前提で考えて「まぁこんなもんかな」みたいな感じです。

それが、「アトピーが全くない状態を想像してもいいんだよ」と言われた気がしました。26年間一度も治ったことはなかったので、治った状態を想像したことがなかったし、できなかったんです。


f:id:colibli:20170127193228j:image

 

その次の日、身体全体がぐったりして歩くのも辛いほどの怠さがやってきました(東洋医学では好転反応と呼ばれるやつ)。

 

その後、滞在中にもう2度行きました。鍼灸師の先生からは、「もう半年くらいかかりそうやな〜」とその時は言われたのですが、その後の私は東京へ戻って急激に治って行きます。

 

 

自然治癒力が治した

東京に帰ってから完全完治まではあっという間でした。

日に日に炎症は消えて行きました。春になって暖かくなると、気分も明るくなり(多分代謝も良くなり)、それでさらに良くなったんだと思います。4月頃には人生で初めてアトピーのない状態になりました!自分でも本当にびっくりしたし、この経験がすごく自信になりました。

初めて「アトピーは治るもの」というのが理解できたし、薬を使わずに治せたというのも大きかった。今まで依存していたわけですから。

 


f:id:colibli:20170127193452j:image

 

薬を使っていない、ということは自分の身体が治したということ。

温泉にしても鍼治療にしても、治しやすい状態に導いてくれたことは確かですが、それを受けて治したのはやっぱり自分です。(ステロイドの場合は、薬で一旦治るけど、身体は治そうとしてないからまた出る)

これが自然治癒力ってやつなんだなぁと思いました。転んでかさぶたができて治るのと同じ原理で、アトピーでもなんでも治るんじゃないかなと思いました。

 

 

もう自分で治せる

今までは「薬を塗り続けなきゃ良い状態を維持できない」と、自分の身体の機能を見くびっていたんですね。それが、20年以上薬漬けの身体でも、ちゃんと自然治癒力を持っているということがわかって、もう自分で治せるなと思いました。

実際、2016年夏にぶわっと症状が出たんですが、「治るもの」とわかっていたおかげか3週間ほどで治すことができました。

 

 

以上が、私がアトピーを克服するまでのエピソードです。

前の記事でも書きましたが、完治しているとは思っていません。肌に出る体質だから今後も出ることはあるかもしれない。けれど、治るとわかっていること、治し方を自分で掴んでいることは、病気を克服したと言える。

 

以来、アトピーや病気に関しての考察を続けています。

アトピーの話が中心になりますが、今後も気付いたことなどを発信していきますので、読んでいただけると嬉しいです。