MIMOZA note

八丈島に住んでます。手芸と旅行と子育てと。働き方。暮らし方。アトピーや身体のこと。

スポンサーリンク

保湿すると悪化するアトピーの方へ

保湿するか脱保湿か

アトピーの方が悩みがちな問題かなと思います。

保湿するのが良いのか悪いのか。

「アトピーの人は肌のバリアがないから、外から入ってくるアレルゲンをブロックできない。だから保湿することで肌に膜をつくって上げることが大事」なんてよく言われます。

私もそれが理由で何年もワセリンをもらいましたよ。でもどうにも合わないんです。なんというか…赤く熱を持って腫れるんです。

 

 

 冬場は特に「カサカサで保湿したいな~赤みもないし、こんなにカサカサしてるんだから、今日は塗っても大丈夫そうだ」と思って塗るんです。

 

 

毎回、10分後には後悔します。。

なんか痒い!やっぱり今回もダメだったか〜って感じです。

 

私の意見としては、赤みがあったりグジュグジュしてるアトピーの人は乾燥させなきゃダメ。保湿しようとしても余計痒くなって辛いだけです。

 

オイルが合わない人がいる?

色々試した結果、どうやら私はオイル系すべてがダメということがわかりました(治った箇所は平気)。


ワセリンもダメ。
スクワランオイルもダメ。
馬油もダメ。
椿油もダメ。
アロマオイルもダメ。


今までアトピーに効くといわれたオイルはほとんど試しましたが全部ダメ。

 

 

アロマに詳しい方に聞いてみたところ、私のようにどんなオイルもダメという人がいるそうです。

そして、「そんな人はクレイがいいかも!」と教えてもらいました。

 

クレイとは

クレイは粘土層から掘り起こされたものを乾燥し、砕いたもの。粘土層は、長い年月をかけてゆっくり作られたもので、とてもミネラルが豊富なんだそう。また、特徴として強力なデトックス作用があるということ。

 

 

老廃物や毒素ってプラスの電子を持っているそう。逆にクレイはマイナスの電子を持っている。プラスのものはマイナスのものに引っ張られるから、マイナスのクレイを使うとプラスの毒素を吸着してくれるんですね。

 

 

私も今まで聞いたことはあったけど、実際に使ったことはありませんでした。

クレイ=泥。パックに使うやつ。っていうイメージがあったんです(洗い流すパックめんどくさいな〜と思ってたw)それが意外と保湿できるクリームや、なんと日焼け止めまであったんです!

 

私の場合「乾燥してるから何か塗りたいけど、オイル系の商品はダメだしどうしよう」 と思っていたので、保湿機能のあるこちらを試してみました。

ねんどのミルキィローション

ねんどのミルキィローション

 

 

これ、アトピーの人に合う!と思いました。

私が使ったのがちょうどアトピーが治りきる直前だったので、少々肌の炎症があった部分に使ったんです。沁みないし赤くならない!

見た目は乳液質のローションにクレイが混ざってる感じです。だから、乾くと肌の表面にうっすらクレイが張り付いてます(重ねて塗りまくると白くなります)。その、肌にクレイがずっと付いた状態っていうのもアトピーに良い感じがしました。

例えば朝塗って出掛けたとすると、夜お風呂に入るまでずっとクレイがお肌についてる。つまり日中ずっとクレイパックをしている感じなんです。

 

クレイが混ざってる分、塗り心地はサラサラ。もしかしたら冬場の保湿としては弱いかもしれませんね。その場合は、一番保湿力の高いクリームがオススメです。 

ねんどのクリーム

ねんどのクリーム

 

 

このシリーズの中で一番保湿力があるそう。

また、驚いたんですが、なんと日焼け止めまである!

ねんどの日焼け対策80g

ねんどの日焼け対策80g

 

 

私の友人は、ファンデーションやBBクリームは使わず、これ一つだそう。こちらもやはり、クレイが混ざってるおかげで肌の明るさ調整になります。

 

 

ちなみに私はこれも気に入って使ってます。

ねんどのハミガキ100g

ねんどのハミガキ100g

 

 

不自然でなく口の中がさっぱりするんです。消臭効果もある感じ。

 

他にもシャンプーやフェイスソープなど一通り揃ってますが、まずは合うか合わないか試して見るのが良さそうです。

私はアトピーに関してもクレイがめちゃくちゃ合いました。今までアロエだの炭だの馬油だの散々試してきたのに、まさかクレイだったかー。クレイってもっとおしゃれな人が使うんだと思って(パックしかないと思ってたから)遠ざけてたんですよね。誤算だった。