読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIMOZA note

八丈島を拠点に暮らす。手芸と旅行と子育てと。働き方。暮らし方。身体のこと。

スポンサーリンク

【砂浴・砂療法】数日間の断食に匹敵!アトピーやあらゆる病を治す簡単すぎる方法

先日『アトピーの治療には、セイタカアワダチソウのお風呂が効果が高い』という記事を書いたのですが、

 

www.mimoz-art.com

 

 

同時に行った【砂浴】も、ものすごく効果のある療法だと感じたので、今回はそちらについての記事です。

 

 

 

 

砂浴・砂療法とは

名称は「砂浴」「砂療法」「砂治療」などさまざまですが、

やることはひとつです。

 

 




 

 

晴れた日に8時間程度、

全身を海岸などの砂に埋める。

 

以上!

 

 

 

 

 

 

これ以上、説明のしようがないくらいシンプルです。

ただ、これだけでは全然納得できないと思いますので、体験記を交えて細かく説明します。

 

 

 

 

 

誰に教えてもらったのか

もちろん私が編み出した治療法ではありませんので、ご安心ください(笑)

 

まず、この療法を【どのようにして知ったか】なのですが、

私が八丈島に引っ越して、数ヶ月後にアトピーが出て「もうダメだ。治療しよう!」と思った時にお世話になった方がいるのです。

 

八丈島在住のビワ温圧治療院の方です。その方はビワ温圧治療という治療法の他にも、アロマフラワーエッセンスなど、薬に頼らない治療法に精通した方でした。

 

 

その方に、「ステロイドを使わないでアトピーを治したい」と相談した時、

真っ先に提案されたのが【砂浴】だったのです。

 

 

 

その先生も、やはり自然療法で有名な東城百合子さんの『家庭でできる自然療法』という本から知識を得たということでした。

家庭で出来る自然療法 東城百合子

家庭で出来る自然療法 東城百合子

 

 

111ページより

砂の中に首だけ出して、ただ入っているだけで、猛烈な毒素が出て素晴らしい効果をもたらすのが砂治療です。

 

 

この本は、一見「えーそんなの本当に効果があるの!?」というような治療法ばかり載っていて、半信半疑のまま終わる方もいるでしょう。

 

 

結構、私もそのタイプでした(笑)

ですが、少なくともこの本に載っている【セイタカアワダチソウのお風呂】と【砂浴】に関しては非常に効果があったと感じています。

 

 

 

 

 

砂浴の具体的なやり方

  1. 晴れた日、気温が20度以上あるのがベスト。(それ以下だと結構寒いので辛いw)
  2. 砂浜などで寝そべる形に窪みを作り、そこに寝る。
  3. 顔以外全身に、乾いた砂をしっかりかけて埋める(誰かにやってもらった方がいい。)
  4. 長時間顔だけ出ていると眩しいので、パラソルや傘などで顔だけガードする。
  5. できれば8時間程度、埋まっている。

 

 

実際にやるとこういう図になります▼

 

 


f:id:colibli:20170418161107j:image

 


 


f:id:colibli:20170418212851j:image

 

ちょっとシュールです(笑)



 

 

本には、

入り方は、自分の体の厚みより少し深く掘って、頭の方を高くして、お尻に当たるところを少し深く掘って、足を曲げて開き、手は脇に曲げてゆったりと置いて砂をかけますと楽です。


長く入っていますから、窮屈だと後で手足が疲れたり、しびれたりしますから、はじめの姿勢が大事です。

とあります。

 

 

真夏にやっても良いかもしれませんが、あんまり混み合ったビーチでやると怪しいかもしれません(笑)しかもちょっと砂が熱すぎるかも??私がやったのは11月なので、そこはわかりませんが。

 

 

 

もうちょっと細かな補足をします。

 

必要なもの

  • ビーチパラソル or 雨傘 or 日傘
  • タオル
  • 水やお茶(ジュースやスポーツ飲料NG)
  •  シャベル
  • 水着か薄手のTシャツなど

 

晴れた日に行うので、絶対に顔だけ焼けるし眩しいです。日よけの傘は必須です!

あとは、頭の下にタオルを敷くと髪に砂が入らなくて済みます。水分も適時摂りましょう。シャベルはなくても大丈夫ですが、最初にくぼみを掘ったり、上から砂をかけるのにあった方が便利です。砂って結構重いので。

 

砂浴中の服装ですが、本には

女性ならなるべく肌に砂を直接つけられるようにビキニスタイルの木綿の水着がよく、男性はふんどし一本でします。

とあります。

えーー!男性はふんどししかダメなの!?

というわけではなく(笑)水着でもトランクスでもなんでもいいと思います。

要は、砂が直接触れた方が良いということ。なので布の面積は狭い方がいいです。

私は10月にやったので、さすがにビキニの人はいなさすぎて怪しいので、薄手のTシャツとハーフパンツでやりました。

 

 

 

 

8時間は無理!

上に「8時間程度埋まっている」と書きました。本にも「半日埋まる」と書いてあったり、治療院の先生もそうおっしゃっていたのでそう書きました。

 

 

 

ですが、結論から言うと私は無理でした!

 

 

なぜかというと、

砂に埋まっている間、かゆくてかゆくて耐えられないから。

 

開始後5分で、全身が猛烈にかゆくなり、もぞもぞと動かざるを得ないほどの痒みが続きます。それが一向に終わらず、何かの修行かと思いました(笑)

 

こういうかゆみに普段襲われることって、重症アトピーの方でもそうないかもしれません。

 

どう伝えればいいのかな…自分がナメクジになったとして、全身に塩をかけられたような感じ、といえば良いのでしょうか(笑)

 

 

とにかく初めてやった時は、どう頑張っても1時間が限界でした。

「はぁ…8時間くらいと言われたのに、1時間しかできなかった…」と思ったのを覚えています。

 

 

 

でも、その日の午後にはとっても素敵な変化が出ました!

 

普段、かゆくてかゆくて全く寝られず不眠状態だったのに、

とても深い睡眠状態の昼寝ができたんです!

 

 

 

これは私にとって、とても大きな変化でした。

 

 

当時、普段の睡眠状況は本当にひどいものでした。

夜、21時に布団に入っても、明け方4時頃まで眠れない。(寝たとしてもとても浅く、2時間程度で起きてしまう。)子どもに起こされ朝7時に起きる→夜21時まで活動。また3時4時まで眠れない。。

 

眠れないなら起きていよう、と夜中遅くまで活動したりもしましたが、一向に眠れません。また、夜眠れないから昼寝しよう、と考えてそうすると、夜中ますます眠れない。とにかくどうやっても眠れない状態だったんです。(それがアトピーを酷くしたのかもしれませんが)、不眠もどうにかしたい症状の一つでした。

 

 

 

こんなに深い眠りは久しぶりだ!!と思いました。

女性は妊娠期から睡眠が変化します。授乳期には昼夜問わず、数時間ごとに起きなければならない(そうじゃない赤ちゃんもいますが)。

気付けば、ぐっすり7時間程度続けて眠れるようになるなんて3年ぶり。

 

それで睡眠時間が狂っていたのも要因の一つにあると思います。

とにかく、深く眠るという感覚を忘れていたくらいだったので、眠れたことがとても嬉しかったです。

 

 

 

この効果は、2回目以降の砂浴後にも見られました。

とにかく砂浴をした後はだるい・眠い。

砂浴をすると、強制的にぐっと深い眠りに落ちることができる。

睡眠障害の方にもオススメだな、と思いました。

 

 

 

本にもこの件について記述があります。

 

初めての方は、入っているうちにそちこちかゆくなってきて苦しくなります。


これは砂が毒素を吸い出そうとして新陳代謝は猛然と良くなりますが、皮膚の排気口は態勢ができていないので毒素を出し切れません。


内部からは出そうとして働きかけるので、苦しくなってゴソゴソ動き始めますから、だんだん砂から浮き上がってしまい手足が飛び出ます。

 

砂からあがるとスポーツの後のような爽快感がありますが、毒素はあがってからもどんどん出ています。また、ひどく眠くなってよく眠ります。

 

 

 

 

 

何回砂浴をしたか

上に書いた通り、初回の砂浴は1時間でギブアップ。

全然、半日には及びません。

その代わり、砂浜が近所であるという利点を生かして、複数回砂に埋まりました。

 

以下に、その後の経過を書いてみました。

 

  • 1回目、1時間。かゆくて我慢できない。
  • 2回目、1時間。同じくかゆみに耐えられず。
  • 3回目、1時間。途中で曇ってきたので寒くて帰る。
  • 4回目、2時間。途中、少し眠ったため気づいたら2時間経っていた。
  • 5回目、2時間。猛烈なかゆみはなくなる。
  • 6回目、1時間半。寒くて切り上げる。
  • 7回目、3時間。かゆみもかなり減る。 
  • 8回目、1時間。寒くなったので切り上げる。

 

 

こんな感じで、1時間〜3時間の砂浴を複数回やりました。

砂の中に居られる時間はだんだん伸びていきました。

 

それでも1時間で切り上げたのは、単純に寒かったから(笑)。私が砂浴をやったのは10月で、季節的にギリギリでした(八丈島だからこそ11月頭もできた、というのもあり)。前日に雨が降ったとかで、砂が湿っていたりすると、晴れていても身体は冷えてしまうので、そんな時は無理せず早めに切り上げました。

 

 

 

時間が伸びていった理由は、

  • 慣れてきた
  • 皮膚が回復し始めた

ことが挙げられるかと思います。

 

 

初回はアトピーが酷い状態だったので、言ってみれば皮膚は穴だらけ。

傷口に塩水をかけると痛いのと同じで、全身傷だらけの状態で砂に入るというのはダメージも大きかったのだろうと思います。

 

2〜3週間後には皮膚はちょっとずつつながっていったので、傷口がなくなり、それほどかゆみが出なかったのではないでしょうか。

 

 

 

 

トイレはどうするのか

半日とか8時間くらい入るとすると、気になるのは食事・排泄(笑)

 

まず食事ですが、砂浴をやる前後も少なめが良いでしょう。もちろん最中はなし。

 

 

砂浴は言ってみればデトックスや運動と一緒なので、身体の消化活動にエネルギーをあまり割かない方が良いと思います。

 

単純に、満腹状態で砂に入ると「オエッ」となってしまうというのもあります(笑)砂って結構重たいです。身体を締め付ける感じがします。だからあんまり食べ過ぎてから砂に入ると、なんというか…胃を圧迫される感じがして爽快感はないです。

 

ただし、水分補給はこまめにした方が良いかと思います。本にはストローでドリンクを、というようなことが書いてありました。介助してくれる人がいれば、その人に飲ませてもらっても良いですね。私は1〜3時間で出てしまったので、自分で飲みました。天気の良い日に行うため、日光の下でそれなりに喉も渇くし、血もドロドロした感じがする。適時補給してください。

 

 

 

そうすると「トイレはどうするのか」という問題ですが、本にはそのまましろ、と書いてあります(笑)

 

えええええ。嫌だーそれはちょっと…

もちろん、その時は砂から出てトイレに行けば良いんじゃないかと思います(気にならないならそのままどうぞ)。海水浴場だったら近くにトイレがある場合も多いですし。

 

ただ、一度砂を出ると、再度砂をかけるのはちょっとめんどくさい。

また、自力でやる場合どうしても腕が出てしまう、という問題はあります。

やはり、砂を上からかけてくれる介助の方がいると良いですね。

 

 

 

 

 

一度入った場所はしばらく避けて

注意することは、一度入った砂は毒素で汚れていますから、次に入るときは2メートル以上離れた場所で入ること。
病気の人の後にわざわざ入ってみて実験したら、毒素を受けて気持ち悪くなった人もいます。
体から出るガスのため、砂療法した場所の植木が枯れたりしますので、海や川での大自然に直結した砂の方が良い。

 

 

子宮ガン・子宮筋腫に効果大!

体験記がいくつか載っていました。それによると、女性の場合、子宮系の疾患にも大きな効果が見られるようです。

 

 

 

喀血(咳とともに血が出る)して頭も上がらない女性を砂に寝かせた晩の話。

夕方家に帰ってその晩、団子大のものが数個、湯飲み茶碗に一杯分局部から出たという。


「おそらく子宮ガンでしょうね」と言いましたが、効果はあるだろうとは想像していましたが、その偉効に驚きました。


その後一夏に5回砂に寝たのですが、身体はメキメキ良くなり、秋頃には仕事をするようになりました。

 


えええー!ガンとか筋腫って出てきちゃうのか!!


なんか塊が出てくるっていうのは目に見えてわかって面白いですよね。
子宮みたいに、身体の内側にあるのに砂が作用するっていうのが驚き。でも肌も血管も神経も繋がっているし、それだけ砂はすごいんだなって思います。

 

 


その他の体験談


他にも砂治療をやった後の効果について、

  • 鼻の奥から梅干し大の硬い血の塊が出て、長年の頭痛が一度に治る。
  • お風呂で8cmもある丸いものが局部から2つ出る。十数年続いた頭痛と腰痛がなくなる。
  • 不眠症が治る。
  • 前立腺炎の50代男性が砂に入ると、会陰部が紫色に膨れ上がる。家に帰ってまもなく血膿がたくさん出て治る。
  • 宿便が出る。
  • リウマチ・神経痛が治る。
  • 半身不随の人が3年がかりで毎年入って、歩けるようになる。
  • フグ中毒になったとき入ると、一晩で毒を吸い出し治ってしまう。
  • ずっと香水をつけていた人が入った後の砂から香水の匂いが出てくる。
  • ガンが好転した。

 


その他、肩こり・冷え性・風邪・胃弱・関節炎・肝臓病・腎臓病・糖尿病・捻挫・打撲・疲労回復・低血圧・リウマチ・アトピーなどなど、とにかくどんな病気にも何らかの効果があるとされています。

 

 

 

私の場合、砂に入った後、腕に小さなニキビのようなポツポツが大量にできました。それについても本に記述があります。

 

1日砂に寝た後1日2日すると肩や腕や背中に赤いポツポツができてかゆくなる人がよくいます。


これは皮膚から毒素を流し出していたのに中断したため、残った毒素がふき出ているためですからありがたいことです。

できればもう一度砂に入ると良い。

 


f:id:colibli:20170418161306j:image

実際、私は1、2時間ほどで出てしまいましたし、出し切れなかったのかもしれません。腕が小さなニキビだらけになったような感じでした。早く出したかったので、全部プチプチつぶして見たりして楽しかったです(笑)いいのか悪いのかわかりませんが、ニキビ跡とかはできなかったですよ。

 

 

 

 

 

 

なぜ砂浴には効果があるのか

砂浴はなぜあらゆる病に効果があるのか。

その根拠はすべて解明されたわけではないようです。

 

 

なぜならスプーン一杯の土や砂の中さえ、何億という細菌が住んでいるから。

それらがどのように働きあっているのか、まだ未解明の部分も多いようです。

 

ただ、科学的に解明されているところでは、千葉医大の平野・石川・小林教授「土や砂の中のスブチリス桿菌(かんきん)は好んで一酸化炭素を吸収して炭酸ガスに変える」という研究発表をしたそう。

簡単にいうと、このスブチリス桿菌さんが、毒素をひきだして中和する、ということらしい。

 

 

これについては、こちらの本に書かれています▼

薬草の自然療法-難病も自然療法と食養生で治そう

薬草の自然療法-難病も自然療法と食養生で治そう

 

 


こちらも東城百合子さんの本で、砂浴についてかなり詳しく書かれているのでオススメ。

 

 

 

 

仕事が忙しい方も1日くらいやってみて

私は、午前中砂浴をして、午後はそのまま爆睡昼寝。夕方のそのそ起きて、セイタカアワダチソウのお風呂に1時間以上入る。ってスタイルでした。夜は眠れないこともあったんだけど、そんなに気にせず、どうしても眠れなくて辛かったら本を読む、みたいな感じ。


だからこの1ヶ月くらいは仕事とかもせず、家事も最小限

それができたのは、やっぱり家族に理解があって協力してくれたからだと思う。

その点で、家族の理解が得られず難しい人もいるだろうな…と思うし、仕事を休めない人だっていっぱいいると思います。

 


私だって、仕事続けてたらとても治療なんて無理。アトピーの肌で人前に出るのだって嫌だし、ステロイドで誤魔化すよ。

 

www.mimoz-art.com

 

 

私の場合、子どもが生まれて育休という長い休みができたことが、アトピー根本治療のきっかけになりました。だからこうしてガツンと一気に治せたんだけど、もし休めない仕事などがあって、薬もやめるタイミングがないという方は、できる範囲でやってみるのがいいかなと思います。夏休みが取れたら、1日くらい海辺でひっそり砂に埋まる日を作ってみるとか。

 

 

 

 

数日間のファスティングより1回の砂浴


本にも書いてあったけど、1回砂浴をやるだけで、数日間断食したのと同じ効果が得られるって!


断食の計画立てるより、1日海に行く計画立てる方がよっぽどラクです。

断食やファスティングだと体力も落ちるから、数日間何もできなくなっちゃうし、復食も考えないといけなくて大変。砂浴はほぼノーリスクだからとてもやりやすいです(好転反応が出る場合はありますが)。

 


健康な人にもオススメしたい!

私はアトピーに関してはもう治ったから健康体になったと思っているけど、それでも目に見えない毒素とかはもしかしたら溜まっているのかもしれない。

添加物とか空気の汚れとか?もしかしたら電磁波も??


だから健康になった今年も、やっぱり砂に埋まろうと思ってます♪

未病対策にもなるし、毒素を溜めないで出すって大切だと思うから。

それに、アトピーが治った状態で砂に入ると、どういう感じになるのか知りたいというのもあり。また入ったらレポートします♪

 

 

是非、病気の方もそうでない方も、この夏は砂浜に埋まってみてください。

騙されたと思って、1時間やるだけでも効果があると思いますよ。

 

 

 



▼こちらの本にセイタカアワダチソウと砂浴の話が載っています。

家庭で出来る自然療法 東城百合子

家庭で出来る自然療法 東城百合子

 

 

 

 


▼砂浴については、こっちの方が根拠も載っていてオススメですが、セイタカアワダチソウについては載ってません(薬草なのに…笑)。

薬草の自然療法-難病も自然療法と食養生で治そう

薬草の自然療法-難病も自然療法と食養生で治そう

 

 

 

 

 

セイタカアワダチソウについての記事はこちら♪

 

www.mimoz-art.com