MIMOZA note

八丈島に住んでます。手芸と旅行と子育てと。働き方。暮らし方。アトピーや身体のこと。

スポンサーリンク

夫を海辺に埋めました。

 

今朝、まだ人気の少ない海辺の砂浜に夫を埋めてきました。

 


f:id:colibli:20170502174624j:image

 

 

 

午前9時。

ダイビングの観光客が来るのは10時頃だし、岩陰に埋めたのでそんなに目立ってはいないと思う。

 

 

 

シャベルで人型に掘った穴に、夫の身体を横たえる。そして急いで乾いた砂をかけて埋めた。

 

 


穴を掘らずに砂だけかけると、時間と共に風で砂が吹き飛ばされ、粗末な着衣しか身に纏っていない夫の身体が露出してしまう。


今日は風が強かったが、念入りに砂をかける。砂から出ている部分がないよう、注意深く、念入りに。

 


顔にかけるのは忍びなかったので、タオルで覆っておくのみにした。それが正解だったかどうかはわからないが…

 

 

 

ただ、そうすると、砂から夫の顔だけ出ている状態。すぐ人にバレてしまうのはマズイ。

 

 


傘を開き、枝の部分を砂に埋めて固定した。風が強かったので飛ばされそうだ…砂で固定した部分にさらにスコップを置いて重石にした。これなら大丈夫だろう。

 

 

 

散歩中のおじいさんが不審そうに見ていた気がしたけど、砂で山を作って遊んでいる観光客を装った。娘もいたから自然に見えたはず。幸い、すぐに立ち去ってくれたからきっと大丈夫…だと思う。

 

 


f:id:colibli:20170502174657j:image

 

 

10分ほどで夫を埋め終えた。

 

 


すぐにその場を立ち去るべきか迷ったが、子どもと海に来ているのに10分かそこらで帰るのは逆に不自然だろう。誰が見てるかわからない。少し離れた波打ち際で、娘とお昼まで遊んだ

 
 
 
 
 
 

f:id:colibli:20170502174715j:image

 

 

 

 

 


12時頃、自転車で家に帰り、ご飯の支度をする。

 

 


料理をしていても夫の様子が気になってしまい、つい上の空になってしまう。

 

 

 

誰かに発見されていないだろうか。

 


傘が風で飛ばされていないだろうか。

 


足にかけた砂が少し足りなかったんじゃないか。。

 

 

 

どうしても気になってしまい、13時頃砂浜に戻って来てしまった。

 

犯人は現場に戻って来る、というがその心理がようやくわかった。


戻らざるにはいられないのだ。

 

 

 

 

 

夫を埋めた岩陰を恐る恐る覗く。

 

 

 

すると夫の変わり果てた姿が。。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:colibli:20170502174825j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はい。

 

もちろん砂浴の話です(笑)

 

www.mimoz-art.com

 

 

でもホント、人に砂かけてると、死体を埋めてるような気分になります(笑)

 

 


去年、私のアトピーが砂浴でスピーディーに治ってしまったのを、間近で見ていた夫が「俺もやりたい」と言っていたので、今年は夫を埋めてみました。

 

 


夫は特に大きな病気はないのですが、たまにじんましんが出たりすることもあるくらい。まぁ未病対策も兼ねて。

 

 

今日は天気が良く、気温は18度くらい。
砂も乾いていたので絶好の砂浴日和でした。

 

上の文章の青い文字にしたところは、砂浴をやる上でのポイントや細かいコツなので、砂浴の記事とあわせて読んでみてくださいね。

 


▼砂浴のやり方

www.mimoz-art.com

 

 

身体に砂をかけてる最中、風に乗った砂が顔に飛んで、目に入ることがあるので、寝転んだらすぐに顔にタオルをかけてしまうと良いです眩しさ対策にもなるので。

 

乾いた砂、というのも大きなポイント。濡れていると冷たくて、身体が冷えてしまうのです。 

 


あと、傘はすぐ飛ばされがちなので、ホントに深く埋めてくださいね。

 

 

 

夫の感想

 

  • 部分的にかゆかった。腕と脇腹が特に。
  • ずっとかゆいというわけではなく、波がある。かゆくなっておさまってを繰り返す感じ。
  • かゆみと砂の圧迫感で眠れなかった。
  • 砂から出た後、上半身にじんましんがブワッと出た。かゆい。
  • 夜はよく眠れた。


だそうです。

夫が砂から出た後のじんましんは、確かにすごくて「うわぁかゆそう!!」という感じでしたよ。

 

 

明日もやるのでまたレポートします♪

 

 

www.mimoz-art.com

 

 

 

www.mimoz-art.com