MIMOZA note

八丈島に住んでます。手芸 / 子育て / アトピーや身体のこと / 暮らし方

既にあるもので作る、ということ。

先日、掛け布団と枕のカバーを作りました。



気付いたら結構汚れていたんですよね(笑)
毎日使ってると見落としがちですが…


大きめの布が何枚かあったので、そちらで作りました。


羽毛ふとんのカバー

f:id:colibli:20170621162333j:plain


以前使ってたのがガーゼ素材でめちゃくちゃ気持ち良かったので、顔にあたる部分の布はガーゼです。

2メートル買っといて良かった!





枕カバー

f:id:colibli:20170621162453j:plain




大好きなソレイアードというメーカーの生地。
南仏柄の布のメーカーです♪



顔にあたる部分なので、大好きな布を使った方が良いですよね!





持っているものを生かす


今回、私の買い貯めたストック生地で作りましたが、最初「布が足りないかな」と思ったんです。




ふとんってサイズが大きいので、4メートルくらい必要ですからね。


さすがにそんなに大きい生地はないなあって。




でも、2メートルの布1メートルの布はいくつかありました。


だから繋いで作ったんです。



結果、既製品のカバーより良質の布で作ることもできたし、お金もかからず出来ました♪



ストック生地を消費できたのもちょっとうれしいです。


私の持ち物の半分は布なので(笑)、ちょっとした断捨離ですね!こうして使っていけたらと思ってます。




ちなみに、敷き布団は家族3人、手作りのオーガニックコットンのふとんを使っています。




親松寝具店さんで教えてもらって作ったものです。


オーガニックコットン、というところもすっごく良いのですが、見た目的にもお布団はやっぱり白がおしゃれだよね!!



f:id:colibli:20170621161942j:plain




ふとんって家族のものを揃えないと、どうもごちゃごちゃしがちなインテリア。


白は清潔感もあるし落ち着くし、言うことなしですね♪(作ったカバーは柄も色もあるけどねw)



使い古したカバーは、小さく切って娘のおしりふきに。