MIMOZA note

八丈島に住んでます。手芸 / 子育て / アトピーや身体のこと / 暮らし方

クロスステッチ図案を考えるのに最適なノート


クロスステッチといえば、正方形のマスをバッテン「×」に埋めていく刺繍ですが、
図案を考えるのには方眼ノートが良いんです。


で、ベストなものを探していたんですが、最近見つけました。



これ。







条件がいくつかあって、

  • マスが3mm以下1mm以上のもの(実際の布のマス目に大きさが近い)
  • 方眼のマス目がブルーではなくブラックのもの(ワークショップでコピーした図案を使いたいから。水色っぽい線だとコピーして消えちゃうことがある)
  • 持ち運びに便利なこと(空き時間に描きたいから)


この条件を満たすものって案外ないんです。



方眼のノートってたいてい5mmのマス目なので大きすぎ。
で、ちっちゃいマスのいわゆる方眼用紙だと、線が水色なのでコピーするのに不向き。



測量野帳なんかも試したけど、やっぱりマスが大きいのよね…

コクヨ 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3

コクヨ 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3




文房具屋さんから100均まで、以前からかなり見て回っていたのですが、なかなか出会えなくて。




最近ようやくロフトで見つけたのです。
ロフト様様!!




思わず3つ買っちゃった(そんなに描くのかな自分)


色違いもあり。


紙も上質。シンプルだし言うことなしですね!
(大好きな鳥のマークがついてるし!笑)





クロスステッチの図案作成には、パソコンにインストールするフリーソフト(英語)やら、スマホのクロスステッチアプリやら(ピクセル画系のアプリも試した)、エクセルを正方形にして描くやら色々手法はありますが、私は結局手描きが一番考えやすいです。