MIMOZA note

八丈島に住んでます。手芸 / 子育て / アトピーや身体のこと / 暮らし方

29歳、バースデー

 

 

8月17日、29歳になりました。

 

昔から、お誕生日に何か特別なことをしたい気持ちも強くなく、
年々何もしなくなっていきます。仕事は入れないけど。

 

 


普通に起きて朝ごはん、洗濯。
いつものように午前中は娘を連れてサイクリング。

 

ちょっぴりいつもと違うことしたくなって、行ったことのなかった「ふるさと村(八丈島)」に行ってみる。
観光客に混じって普通に観光。

 


雨に降られて、図書館で雨宿り。
家に帰ってお昼ご飯。娘、お昼寝。

 

 

 

午後はたまっていたハンドメイドをちょこちょこ進めたり、
娘がトイトレ中なのでパンツを作ってみたり(けど失敗)。
郵便局の用事を済ませて買い物。

 


夫が豆腐を使ったヘルシーなベイクドチーズケーキを焼いてくれたので、食後にみんなで食べました!

 

 

 

年々なくなっていく物欲

元々ブランド物が欲しいとか〇〇の新作が欲しいとか、そういう物欲は全然ないタイプですが、子どもが生まれてから特に物欲がなくなってきています。

 

 

作る楽しみを知っているからか、物っていうか、素材が欲しい(笑)

 

 


あと、ものを作る時間
と、好きなものをゆっくり作っていられるゆとりある生活をするための生活費(笑)
あとは、煩わされたくないから健康な身体かなぁ。

 

物欲しがるより強欲かもしれん…

 

 


でも本当、30年近く生きてくると
必要な物なんてだいたい家の中にあるなぁと思うのです。

子どもの頃は、文房具一つでも一生懸命買っていたけど、もうそういう感覚はない。

 

 

むしろ、もっと身軽に身軽に生きたいなぁと思うようになりました。

 

物の持つエネルギーって本当にすごくて、「捨てる捨てない」というのを考えるにしても結構労力を使う。どこにしまうか、とか。

頭の中を、物の置き場所考えるのに支配されちゃうのが本当に嫌。

 

 

今は一つでも多く減らしたいです。

 

といっても、家族だっているしあまり使わないけど持っていた方がいいものもある。


ミニマリストみたいに極限まで減らしてどうこうしたいってことではなく、ただ使わないのに持っているものをちゃんと手放して、物に煩わされることなくスッキリ生きたいなぁとは思います。

 

 


マイホーム願望ゼロ

私は家を欲しいとはあんまり思わないんです。

 

持ち家があったら、壁を塗ったり自宅で手芸教室したりできて便利だなぁとは思うけど、どこか一つの土地にずーっと住み続けるっていうのがもう窮屈でしょうがない。

単純に飽きっぽいのかもしれません。

 


今だって全く縁もゆかりもなかった八丈島にいるし、案外素敵な場所に感じ始めてもいる。

そんな調子で、今後もジプシーみたいに転々といろんな土地に暮らしてみたいなぁと思っています。

 


そうそう、夫に教えてもらったのだけど、
軽トラを改造してスモールハウスを作ってしまった女性がいるんだって!▼

 

 

greenz.jp

 


面白いよね♪

私、こんな感じで全然いいの!!むしろ狭いところ大好き(笑)


これでどっかの原っぱで刺繍教室とかしたら気持ち良いんじゃないかしら。とかね。

 

 

 


とりとめもない文になってしまった。

 

29歳。

まだまだ思い通りに生きてませんが、毎日何か一つでも前に進みながら過ごしていこうと思います。

 


さ〜て、雑巾作ろ(←小さい一歩w)

 

 

 

おまけ

 

ちなみに、植松努さんも同じお誕生日で、

なぜか私はこの日に特別なものを感じてます(笑)

 

tsutomu-uematsu.hatenablog.com