MIMOZA note

八丈島に住んでます。手芸 / 子育て / アトピーや身体のこと / 暮らし方

■12/10布で作るクリスマスリースWS、満員御礼!ありがとうございました♪

今月2回目の『布で作るクリスマスリースワークショップ』、
お越し頂いた皆様ありがとうございました!!




www.mimoz-art.com


午前中にインスタやtwitterで呼びかけたら、なんと5名の方が当日参加を決めてくださいました!
(午前中に行った薬師堂のお祭りにて、声をかけてくれた方も!)



おかげで20人の方がリースを作られたんですよ♪
定員は15名の予定でしたけど、土台のリースを多めに発注していたので対応できました。


12月8日も合わせると、なんと33名の方がこのリースを作ったことになります!
ここ八丈島で!!笑



1年半前には私、知り合いすらいなかったんですよ。
どんな人たちがいるかわからず、怖いって思ってました。


今ではワークショップも開けるようになりました。
もちろん、お友達の協力が
とてもとても大きいです。


ワークショップをやるお店を貸してくれる友達や、やる内容を一緒に考えて相談に乗ってくれる友達。
いつも参加してくれる友達や、モニターになってくれた友達。


お友達がいなかったら、引きこもってチマチマ一人で手芸をしていたかもしれません。←これも嫌いじゃないけれど(笑)


ワークショップに来た人が「楽しかった」「次はいつですか?」と言ってくれるのがとても嬉しい。


ワークショップのあとは、いつも充実感でいっぱいになるんです。





年少さんから80代の方まで

今回、日曜日に開催することで、幅広い世代の皆さんに来ていただくことができました。



f:id:colibli:20171210232423j:plain




一番小さなお客様は4〜5歳の幼稚園児さんたち。
お母さんの隣で、真剣な表情で作っていました。



小学生も5名参加してくれました。
男の子も来てくれたのが嬉しかったです!

いろんな色や柄の布をじーっと見て選ぶ子。
枚数を一生懸命数える子。
同じ種類の布を並べて差し込んでいく子。

布で遊ぶ楽しさを感じてもらえたら幸いです。




お母さんたちも隣でおしゃべりしながらリラックスした表情で作っていました。
普段、手芸に興味があってもなかなか手を出すまではいかないとのこと。
材料を揃えたりするのも大変ですしね。


また、お家で手芸をしようとすると、どうしても自分だけの作業になりがちです。
こうして大人数で手芸ができるのって、やはりワークショップならではの良さだと思います。



他にも、平日はお仕事をされている方が「いつも来たいと思っていたけど」と言って参加してくださいました。
今まで私の力不足で、平日午前中・月1回の開催でしたが、皆さんポスターなどを見て興味を持ってくれていたとのこと。とても嬉しいです。

来月も土日の開催ができるよう頑張ります!






個性豊かなリースたち

参加者の皆さんが作ったリースです。



f:id:colibli:20171210231640j:plain


やはり赤や緑のクリスマスカラーが人気でしたが、ブルー系やランダムな組み合わせも素敵に仕上がりました!




f:id:colibli:20171210231659j:plain




f:id:colibli:20171210231713j:plain




f:id:colibli:20171210231735j:plain




f:id:colibli:20171210231804j:plain




f:id:colibli:20171210231828j:plain




f:id:colibli:20171210231904j:plain




f:id:colibli:20171210231925j:plain




f:id:colibli:20171210232002j:plain




f:id:colibli:20171210232030j:plain



f:id:colibli:20171210232040j:plain




私が作った2つは、1種類の布しか使っていないのですが、皆さんのリースを見てるとなんだか味気なく感じてしまいますね(笑)



f:id:colibli:20171210232114j:plain





長年の目標『子どもたちと手芸をする』が叶った!


「子どもたちと手芸をしたい」というのは、東京で手芸教室を始めた時からずっと頭にありました。
(というか本当は子ども向けの手芸教室をやろうと思っていましたが、やってみたらママ向けの手芸教室になっていた…)



f:id:colibli:20171210232246j:plain



私自身、子ども時代は母にパッチワークや刺繍を教えてもらって、ずーっとやっている子どもでした。

よく「手先が器用だね」と言ってもらうことがあるのですが、それは子ども時代に長い時間布や針や糸に触れていたからだと思います。



f:id:colibli:20171210232338j:plain


母が手芸好きだったから私もやるようになったのかもしれませんが、身近に手芸を教えてくれる人がいた私は幸せでした。
もし手芸に興味はあるのに、教えてくれたり一緒にやってくれる人がいなかったらどうしていたでしょう。


サッカーや野球にのめり込む子どもがいるのと同じように、手芸にのめり込む子どもがいて、その子たちが満足できるくらい手芸をできる環境があってもいいんじゃないかと思うのです。



手芸ってあまり習い事のイメージはないかもしれませんが、やりたい子は絶対にいる。
いろんな材料やアイディアを提供してくれる大人がいたら、楽しみも広がるはずです。





パリでは子ども向けの手芸教室は一般的なものだそうですよ▼

こういう教室をやるのが理想。

今回、一歩近づけたかなと思いました。



でも手芸って大人にとっても楽しい(特に女性にとっては!)。

“子ども向け”だけにこだわらず、“大人も子どももできる手芸教室”というのが本当の理想かな。


だから今回のワークショップは私にとって理想に近い、とってもスペシャルな回だったのです。

皆さま、本当にありがとうございました!




f:id:colibli:20171210232206j:plain



次回は編み物

さて、新年明けた1月のワークショップは『編み物』を計画しています。


編み針?使いません!

小学生にできる?できます♪

今のところ、1月19日(金)と21日(日)を予定しておりますので(変更あるかもしれませんが)、こっそりカレンダーに書いてもらえると嬉しいです!


簡単にできちゃうマフラー、いかがですか?

あ、毛糸は各自用意していただく予定なので、上京される方は手芸屋さんに行って実際に見て購入されると良いと思います。(詳細、なるべく早めにお知らせしますね!)