読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIMOZA note

八丈島を拠点に暮らす。手芸と旅行と子育てと。働き方。暮らし方。身体のこと。

スポンサーリンク

私から産まれたけど、私のものではない。

【子どもは自分の所有物ではない】っていうのは、いつもかなーり意識しています。


f:id:colibli:20170122212454j:image

 


「うちの子は~…」っていう言葉もあんまり使わないようにしてる。

 

別に、そう言ってる人たちが子どもを所有物にしてるかっていうと、そうではないのだろうけど。私は自分で気になっちゃうから、そうしてます。

 


じゃあどう呼ぶかっていうと、なるべく名前で。しかもちゃん付けが多いです(笑)

 

 


これも理由があって、ひとつは

  • 呼び捨てだと上下関係が出やすくなる気がするから。


大人の方が偉い、能力がある、っていう意識はなるべく消そうと思ってます。

実際、子どもの方が凄いなと思うことが多いし。観察眼の鋭さとか、素直に感情出せることとか。空気読む力も凄い。

 


そういや教員だったときも、周りの先生はみんな生徒のこと《苗字呼び捨て》で呼んでいて、それもすごく違和感でした。

社会に出て、相手のこと苗字呼び捨てで呼んだりしないでしょ。

そこは頑なにこだわって、○○さん・○○くん と丁寧に呼ぶようにしていた。

そしたら点呼のとき、ものすごいめんどくさいってことがわかって若干後悔しました(笑)まぁでもあれも、教師・生徒の上下関係が呼び方に出ていた例だなって思います。

 

 

あともうひとつの理由は、これも子どもを所有物とみなさないための工夫として。


親子ってどうしても距離が近くなるから、親の価値観を押し付けてしまう。無意識だとしても。


極端な例だと「良い学校に入りなさい」とか「こういう仕事に就きなさい」とか。

逆に「こういう仕事はダメ」っていうのもそう。


そういうレベルの話じゃないにしても、

こういうテレビは観ちゃダメだとか
こういうゲームはしちゃダメだとか

習い事はこんなのをさせたい!っていうのもそう。

 


そういう些細な話だとしても、親の希望が入り込む。

それをまったく皆無にするのは逆に不自然だとは思うけど、子どもの言い分が入り込む余地は残したいなと思います。

 

 

自分の子どもだからこそ、つい口が出ちゃう部分はあるから、

「この子はたまたまうちに来た留学生」と思うようにしてます(笑)


そう。たまたま私が産んで、たまたまうちで育てているだけ。

旅立つまでの間、長期でうちに留学してる子なんです。

 


私のものではない。どちらかというと、みんなの子。

 

 

だから、子どもがなんかのアニメの超オタクになったとしても「へ~おもしろいね!」って思えるし、

仮に不登校になったとしても「学校合わなかったんだね~」それで終わり。

コントロールしようとは思わない。

 

 

そう思ってるから、育児に悩みはほとんどない。


まぁ、そんなこと言ってもこれから増えていくのかな?笑
年齢上がるとともに考えることも増えるもんね。

でもこのスタンスは基本的に変えないと思います。

 

 

 

追記

えらそーなこと言ってますが、
仮に娘が「AKBに入りたい」と言ったら
コントロールしちゃうかもしれません(笑)

 

オーディションくらいはついってってやるかなー。あーでもー…もごもご

むずかしいね。