mimoza note

八丈島に住んでます。手芸 / 子育て / アトピーや身体のこと / 暮らし方

あかびらツクリテフェスタ2020へ出展が決まりました!

2月にエントリーしていたイベント『あかびらツクリテフェスタ』から書類選考結果が送られて来ました。

f:id:colibli:20200318160621j:plain

《選出》の文字。

うれしいっ!!


飲食ブースを除いて84ブース出展できるのですが、応募数は160越え。
つまり半分は落とされてしまうのです。



出展者の選出は抽選ではなく、応募資料をもとに実行委員会や赤平市の市民の方が点数をつけていき、合計得点順で決まるというもの。

応募の際、「作品紹介」と「作家紹介」の資料が必要なので私も一生懸命写真を使って作りました。

f:id:colibli:20200318154723j:plain
送った資料2枚。canvaで作りました。



何しろ応募数が150以上となると、審査する側も大変ですよね。

文字は小さすぎない方が良いかしら、とか
伝えたい内容は絞って、写真でパッとイメージが湧くようにしよう、とか。


資料を作る中で、どんなお店にしようかなとコンセプトを練ったり。
そんなことをしていた2月はなかなか有意義な時間でした。


私はミシンの布小物屋さんだったり、オーガニックコットンのベビー布団屋さんだったり、作るものがいろいろです。
刺繍もリアルな動物刺繍から、全然風合いの異なるカロチャ刺繍だったり、クロスステッチだったり雑多。
ワークショップとしての出展も考えました(その方が優先的に出展できるらしい)。

f:id:colibli:20200120104407j:plain
動物は毛並みを忠実に刺したい。

f:id:colibli:20180425100710j:plain
でもクロスステッチ一色だったこともあります。




逆にいうとコンセプトを絞らないとはちゃめちゃなお店になってしまうので、今回は刺繍、特にハンガリーのカロチャ刺繍をメインにすることにしました。

f:id:colibli:20200216012247j:plain
太い刺繍糸で塗りつぶすように刺すのが特徴。


ちょうど今やってるフリージア刺繍ともリンクするし、今年はこのハンガリー刺繍を集中してやっていこうと思っていたので。
色合い的にもカラフルで、より多くの方の目に留まりやすいかな、なんて下心もありました(笑)


無事スタートラインに立てたので、あと3ヶ月後思いっきり楽しめるように準備を頑張ります!



八丈島から北海道へ。

北海道は小さな頃からとても行きたかった場所です。
キタキツネやエゾモモンガなど、野生動物に出会えるからです。


初めての北海道なのでわくわくしています。

tsukufes.net